2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
ワイトモケーブの土ホタル探検ツアー
2017/09/18(Mon)
ニュージーランドで有名な土ホタルの探検ツアーに参加しました。

旅行代理店に組み込まれているものは、幅広い年齢層に対応できるようにボートや足場のよいところを徒歩で散策するもの。

こちらは、ハードな体力勝負なものです。
申し込みの際に、心臓病などの持病がないかのチェックシートを書き(英語です、辞書を引き引き。)
岩場を通れるかどうか、一番狭い場所を想定した壁に開けた穴をくぐるテスト?があります。

それも、そのはず、ツアーは2時間くらいでしょうか?
こんなハードな道のりです!!

waitomo014.jpg

よじ登って、さらにくぐる岩場!狭い!!

waitomo008.jpg


waitomo006.jpg
こんな岩場を探検します。

waitomo003.jpg
体が大きいと通るのも一苦労。
この日は前日の雨のため水かさが増して開催ギリギリだったそうです。
基本、水につかりながらの探検ですが、途中、低い岩場をくぐるとき、水の中に頭をじゃぼんとつけていくようでした。目をつぶってね。

ブログwaitomo7
ウェットスーツを着ていますが水に濡れると体は冷えます。冬ですからね、そもそも、そして地下!

waitomo002.jpg
水場に出たら、2メートル半くらいの高さからチューブにおしりを入れて後ろ向きでジャンプします。
自分の身長が加わった高さの視野なのでなかなかスリリングです!

チューブに乗って、ロープをつかんで土ホタル勧賞をします。
地下の星空、プラネタリウムのような、一面に広がる土ホタルでしたよ。

waitomo004.jpg


waitomo001.jpg
もう揺られるだけなので安堵のひととき。

waitomo012.jpg
はしゃいでるのは私ではありません。。

waitomo011.jpg
あっ!!タフな演奏の秘訣は、どこまでもチャレンジ精神があること!かも??

この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本選開始!銀賞おめでとう!
2017/09/17(Sun)
今日コンクールの本選が始まりました。
201709172255556af.jpg

本選にて銀賞入賞!
確実にひとつずつ積み重ねて力をつけてきました。
伸びやかな豊かな音を出せるようになったのがこの夏の努力の賜です。
これからまたぐっと伸びますよ。
楯をいただけて嬉しいですね!!
おめでとう!
この記事のURL | コンクール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NZキャンプ~ロトルア
2017/09/16(Sat)
思い出したようにニュージーランドキャンプ話再開です。

ロトルアに行きました。


間欠泉や泥の温泉があります。写真は写真はワイオタプの間欠泉です。

waitomo005.jpg


waitomo010.jpg

waitomo007.jpg

rotorua002.jpg

rotorua004.jpg
マオリの村に行ってダンスを見ました。
ここから私は興味を持って、以前ソルフェージュでマオリのダンスを真似てやったわけですね。


4分40秒あたりからご覧下さいね。

rotorua003.jpg
伝統料理、ハンギをいただきました。蒸し料理です。

rotorua005.jpg
キャンプ地からキャンプ地の道中はずっとこんな景色です。
人より羊が多い国ですからね。
牛もいっぱい!

この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レッスンに行ってきましたよ♪
2017/09/12(Tue)
1週間が始まりました。
先週は私がレッスンを受けに行くにあたって、必死の練習と、楽譜の準備などでバタバタしていました。

20170912220645bad.jpg


レッスン生に教えている曲で、疑問に思っていたり、アーティキレーションをどうとったらいいかの、「どうして、そうフレージングをとるのか、そこをなぜ切るのか、トリルをどう入れるのか、誰がそれを決めたのか」
など、日頃、習慣でなんとなく弾いてしまった部分の根拠などを伺うべく楽譜をダウンロードしたり、プリントアウトしたり、忘れぬように質問事項を書き出しました。

しかし、時代は変わって、ダウンロードをiPadなどにできるので、レッスンに行く荷物が本物の本は自分の勉強のもの3冊程度と、ずいぶん身軽になりました。

事前に曲目をお伝えしてレッスンは2時間分見ていただきました。
私は、まだまだひよっこだなぁと痛感して、愕然として帰ることは毎度のことです。
相変わらず内容の濃いレッスンで、私も少しでも師に近づきたいと、レッスンが終わるとやる気になるのも毎度のことです!

しかしね、先生が隣りで、もぞっと動かれるだけで、いつも通りには弾けないことったら!
ピアノも、メーカーが違うのでうちで弾くようには弾けません!
高度なペダルのテクニックを注意されたら、そっちばかりに意識がいき、手がボタンを押すようにカクカクになって、とても音楽的にとはいきません。


みなさんもこんなもどかしい思いを私の前でされているのかなぁなんて考えてしまいましたよ。

私も普段は偉そうに教えていても、いざ自分が習う立場になればこんなものです。。。

さぁ、今週も一歩ずつ昨日より今日の一歩前進を目指していきましょう
この記事のURL | 日々のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニュージーランドキャンプの旅
2017/09/05(Tue)
コンクールも一段落したので、以前行きました大自然に包まれたニュージーランド旅話でも。。

nz003.jpg

あの星空で有名なレイクテカポでキャンプしたときのものです。

nz002.jpg
ワゴン車を借りて、寝袋を持って車中泊をしながら3500キロの旅をしました。

nz001.jpg
日本の作業車のようなものに、カセットコンロとシンクがあって夜は、スーツケースを平らにして、その上に板を置いて寝ます。なんか写真を見ると、生活感というか臨場感というか、結構ハードそうでしょ?
でも、自然の中でカセットコンロでお湯を沸かして飲むコーヒーは最高でしたよ。

素敵なホテルも大好きですが、こういう野性的なのも大丈夫です、私。
直接肌に触れるものが人と共有なのは無理なので、日本からマイ寝袋を持参します。
当時10月でしたが、日本と逆の季節なので、冬から春になりそうな時で、とにかく寒かった~!

nz004.jpg
朝ご飯は、こんな感じでパンにチーズ挟んだりして食べていました。キャンプ場に泊まれば、共用キッチンがあるから、ソーセージとか焼けます。

nz005.jpg
すごい絶景でしょ?

少しずつ出して行きますね。
この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コンクール予選ラスト♪
2017/09/04(Mon)
1週間が始まりましたね。
朝晩がだいぶ涼しくなり、秋の気配を感じます

昨日は法事で朝7時出発でした
帰りは15時には東名高速に乗り、2時間半で東京インターに着く距離が、事故渋滞30キロにはまり、結局21時半すぎ帰宅でしたよ。
日曜日は交通量が多いですね。

さて、そんな日曜日に、ベーテンピアノコンクールの予選を受けてきたレッスン生がいらっしゃいました。

201709031813518da.jpg


2017090318040156f.jpg

発表会のときに、緊張で震え上がったけれど、この夏のコンクール修行で、自分をコントロールすることの感覚をつかみつつあると思います✨

ひとつずつの経験と手応えを、自信につなげていきましょうね!

銀賞おめでとう!


それでは今週もみなさま素敵な一週間になりますようにお祈りします✨
この記事のURL | コンクール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
指導、審査のための勉強
2017/08/30(Wed)

今日は楽譜を引っ張り出して、研究していました。

20170830233905ee9.jpg

明日、自由曲のコンクールの審査が入っているので、審査曲の一覧をかたっぱしから確認です。
自分が学生の頃そうでしたが、限られた時間の中練習だけで精いっぱいになってしまい、楽曲を司る背景などが、若い奏者は意外と手薄だったりします。
人を評価するからには、その曲を語れるくらい勉強しておくべきということでアウフタクトや、スラーのかかり方、速度記号や楽曲の構成などを勉強しましたよ。

作曲家が書いた強弱記号の意味などです。そこが『p』ではなくなぜ『pp』なのかなど。

また作曲家ごとの記譜に含まれる意味のくせなどもあります。
シューベルトが『dim.』と書いた時は、言葉通りのだんだん弱くの他に、『rit.』だんだんゆっくりの意味も含まれるや、ショパンのアクセントは、その音を強くという意味ではなく、エスプレッシーボの意味合いの強い、内的なエネルギーの表現の意味であることが多いなどです。
大学院時代に、作曲家についての研究、書籍を出されている研究肌の先生方にご指導をいただき、講義を受けられたことが幸せでした。
よい師に巡り会うことの大事さを実感しますし、自分もそうありたいと精進するのみです。

レッスンは楽譜を前に教えられますが、コンクール審査は講評を書いていて、楽譜を1曲ずつチェックすることができません。
事前の勉強と引き出しが必要です。

音を出すだけが勉強ではなく、指導や審査は、今まで学んだ知識などを、よりよい演奏へのアドバイスとしていかに相手に伝わる言葉で出せるかが求められるものだと認識しています。

明日はどんな素敵な演奏に出会えるか楽しみです!!
この記事のURL | コンクール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ソルフェージュビンゴ
2017/08/29(Tue)
土曜日のソルフェージュで、1年に一度のお楽しみ会である、音楽ビンゴをしましたよ。

20170829141855286.jpg


20170829141855622.jpg


これは中学生になったときの音楽の期末試験対策用に、作曲家や出生地や代表曲をマス目に入れて、後は通常のビンゴの要領です。

ソルフェージュ出身の中学生達が音楽のテストで、クラス最高点の97点等と聞くと嬉しくなってしまいます。

クラスメイトのみんなが受験科目の、5教科で手いっぱいでしょうから、ここで今までの貯金で一歩飛び抜けましょう!!

私が教員免許をとったときからだいぶ時間がたってしまったので、中学生達に試験問題を見せてもらいながらビンゴの内容を更新しています。
子供たちにとって、ヨーロッパって遠い国なんですよね。
国の名前がギリギリで、どこにあるかや、都市の名前はさっぱりな感じでした。
フランスの中のパリが馴染みがうっすらあるくらいですかね。。。

それはそうか。。。飛行機で11時間くらいかかりますものね

来年あたりは、手薄な邦人作曲家も足していくのが、試験のためにはいいだろうという課題を残しつつ、楽しい土曜日を過ごしましたよ。

みんなでワイワイ楽しみながら力をつけられたら何よりです。
この記事のURL | ソルフェージュ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休み最終週、そして今日もコンクール♪
2017/08/28(Mon)

月曜日になりました。
夏休みも残すところあと僅かとなりましたね。

宿題、青ざめて今頃やっているなんて方もいらっしゃるのではありませんか?
遊んでいたわけではなくて、受験塾に一日はりついていて、終わらないパターン等も事情はいろいろですよね。
夏休みの自由研究、合格ハチマキを提出して、限界に挑戦して塾でこれだけ勉強やりました!
とかじゃだめなのでしょうか。。。
もしくは、コンクールの賞状だけポンと提出して、『これに一夏命かけていました。作曲家は、○○で△△の国の人です。時代は×時代。以上!』
とか(笑)これを新聞形式とか、レポート形式にしなきゃいけないから時間かかるんですよね。

さて、今日もコンクールの方がいらっしゃいました。

201708281230565a7.jpg


201708281230560e4.jpg


この夏は3つも別のコンクールに挑戦してがんばりましたね!!
真面目にピアノに向き合って、確実に上達しています!
発表会も楽しみです!!
この記事のURL | コンクール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
デビュー
2017/08/22(Tue)
1週間が始まりました。
今日は二人がコンクールデビューでした。
よい刺激になったようで、何よりでした✨

20170822192812bb3.jpg

サッカーの練習の後、眠い目をこすりながらもがんばったかいがありましたね!
妥協を許さないレッスンと練習で上手になりました。
これからもがんばってね!

20170822192812dea.jpg


順子先生からです。
良い笑顔ですね。初めての挑戦でがんばりました。それこそ木の実の種が今日蒔かれましたのであとは水と栄養をあげて大きな花を咲かせましょうね。
この記事のURL | コンクール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ