2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
プログラム下準備
2013/02/14(Thu)
以前からボチボチと始めていましたが、出演人数と曲目がほぼ決まったので、いっきに書き上げています。

これが結構時間がかかります。
作曲者のファーストネームをイニシャルでいれるのですが、バッハならば、ヨハン・セバスチャン、ショパンならフレデリク・フランソワとすぐでてきますが、あれ、古典舞曲集に1曲だけ入っている、あの古典派のマイナーな人のファーストネームは何だろう?と気になりウィキペディアにたどり着いたりしながら探すのです。

こんなに面倒ならば、ファーストネームを抜いてファミリーネームにすればいいのですけどね、モーツァルトにも父のレオポルト・モーツァルトさんがいて、バッハにはカールさんとかアンナ・マグダレーナさん(J.S.バッハの後妻さん)がいて、みなさん曲を書いていらっしゃるわけです。
それなので、何人か書かなくちゃいけないならば、みんな書いてしまおうという統一のために調べています。

私の出身音高が、表記に厳しかったので今でもその習慣が抜けないんですよね。
国際コンクール基準に合わせようと、ちゃんと試験曲を原語で提出しなければならず、みんな辞書をひきひき調べていました。『~集第△巻から第○番作品□番×長調より、第○楽章』のような文章にドイツ語とかフランス語にするのがよくわからずに、その昔みんなで苦労していました。

呼び名も出身国に近い発音で書いてある辞書にそろえるというルールがあって、ドビュッシーをドゥビュッスィー
なんて書かされたなぁと、今でも懐かしく覚えています。

後は、生徒さんの名前を間違えたら大変、見直ししているつもりでも、今までも第1版はなんだかんだでミスが出てしまいます。

そんなこんなで楽譜をめくっては、作曲者、編曲者を調べてやっています。
半日がかりでした。
この記事のURL | 発表会 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |