2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
オーケストラを再現してみる。
2014/01/08(Wed)
今日はコンチェルトの練習をしました。伴奏パートではなくてソロパート。

いつも伴奏屋さんをしているせいか、伴奏パートをどう歌わせようかスコアを見ながら頭の中にいろいろな楽器の音が流れます。楽しい!

教室の子供たちには、いつもオーケストラや弦楽四重奏なんかを聴いてねと宿題をだしています。曲もオーケストラの有名な曲を子供用にピアノアレンジしたものの曲集を買って、イメージをふくらませるために原曲を聴く宿題を出しています。
たとえば、ワルツの3拍子感とか、ウィンナーワルツのそれとかって、私たち日本人の血には流れていないので、少しでもイメージをわかすためには、上手な人の本場の演奏を、たとえネットでもいいから聴くといいですね。

また、クラリネットのやわらかであたたかい音と、オーボエのパリっと通る音の違いを知って、作曲者が追いかけっこのように使っていたりする技法や、ホルンのポッポッーとした音などをちゃんと自分のイメージの引き出しの中に入れておいて、ピアノソロ曲であっても、どんな楽器のイメージかを自分の中でちゃんと描けていることが大事なんです。そしてそんな音を目指して弾き方やタッチを変えていけると、また音楽に色彩が加わると思います。

もし、オーケストラでこの曲を演奏するのだったら今このパートは何の楽器?どう歌う?

と、自分が指揮者になったつもりでイメージしてみると音楽に魅力が増しますよ。
そして、同じバイオリンでも、弓で弾く音と、指で弾くピチカートの音、飛ばして出す音のスピッカートなど、奏法の違いまでをピアノで演奏に取り入れてみるとぐっと面白くなります。動きではなくて、出てくる音としてですけどね。

楽しめるまでになるには努力が必要ですが、無限の可能性のあるピアノは高いようで一生使える、飽きない、知恵の輪より難しいのでは?と思うおもちゃです。
この記事のURL | 練習方法/上達について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://emapianoschool.blog.fc2.com/tb.php/592-f3ef108f

| メイン |