2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
お嬢育ちだったはずが。。。
2014/04/11(Fri)
アンサンブル練習で低学年の男の子が4,5人集まるともう言うことを聞かないといったら!

楽しくなってしまうんですね。レッスンに来ているんだか、遊びに、もしくはけんかしにきているのだかわかりません。
鬼ごっこはレッスン室で始まるわ、ちょっかいの出し合いから本気のけんかにエスカレートしそうな状況になるわでてんやわんや。
日々のお母様がたの苦労をお察しします。

と、いうわけで最初は

「発表会まで時間がないのよ。怒られる前にちゃんとしなさい。」

と、にこやかに言っているのですが、女の先生だし普段優しいし(自分で言います!)全然人のはなしを聞いていないんですね。
これは人を選んで完璧になめられてるなぁと感じたところで、

「おまえらふざけるのもいい加減にしろ、ゴラァ。なにしにきとん?はぁ?」

と、ドスのきいた声で吠えまくってやりました。

普段とのギャップで一瞬子供達は目をパチクリ。
でもこの効果は3分で消えましたけどね。まったくもう。

子供の頃はね、子供は大人のマネをするから言葉遣いが荒れないようにと父まで女言葉を使って、おねえのような喋り方で育てられて、おばあちゃまおじいちゃまと呼んで、フリルの靴下にワンピースにエナメルの靴履いてレッスンに通っていたわりとお嬢だったはずなのですが、
ピアノの先生を始めてから年々迫力が増してきたというか、言葉遣いが乱暴になってきたというか。。。(-。-;

学校の先生や男の子のお母さんがたくましくなるのも納得です。

普段は女の子達に、「語尾あげて⚪︎⚪︎じゃね?とかいうのみっともないからやめなさいよ。」とか、
友達同士で話をしているのを聞いて「お前とかいうのなんて女の子なんだから品がないわよ。」
なんて注意するのはどの口が言っているのかしらと後で苦笑いです。

保護者の方のいらっしゃる前で吠えていましたが、本性出たな?と思われましたかね?

いえいえ、本来は優しいんですよ。
仕方なしにいれた喝がわりと派手だっただけですよ。

発表会まであと1週間となりました。ラストスパートかけましょう!

この記事のURL | 発表会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://emapianoschool.blog.fc2.com/tb.php/642-9c51dd23

| メイン |