2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
仕事をルーティン化しない。
2015/04/02(Thu)
『レッスン』を、または『レッスンに対する心構え』をルーティンにしない。

これは、常日ごろから心がけていることです。
だいたい同じ曜日に同じレッスン生が来て、ちょっとずつ進歩したり逆もどりしたりするものですが、指導する方は常に新しい世界を見せて行きたいと考えています。

レッスンや教室の年間スケジュールは同じようであっても向き合い方はパターン化しない。
いつも、教わる方も指導する方も、達成感があってワクワクするようなものを作っていきたい、ピアノの先生ってクリエイティブなお仕事だと思うんです。

昨年より今年が、昨日より今日が、少しでも前進しているか、挑戦しているかどうか自問自答です。

練習でも、なんとなく回数稼ぎに練習するのではなくて、昨日駄目だったところが納得のいく演奏に近づけていく努力をしているか、その成功率を上げられているかどうかを考えて練習していますし、そのことをレッスン生にもお声がけをしています。

そうは言っても人間なので、いつもいつも飛ばして成功するわけではないですけれどね。
そもそも失敗というリスクもそこまで大きくはないですしね。
本番とかコンクールを送り出す子にも、
「何があっても死にはしないから大丈夫。思い切りやってきて。」
と笑って言っています。
その笑みが逆に怖いらしいですが(笑)

自分自身、低空飛行をする時期も想定しつつ、調子のいい時にはエンジン全開でやっています。

新しい事は家でうんうん唸るよりも、外を歩いたり他の芸術に触れていたり、おもてなしを受けたりするとホスピタリティーも含めていろいろと新しいヒントが浮かんだりします。
最近、外を歩いている時何かぶつくさ言っていたり歌っていたりしますが、(そんな自分にハッとします。)ハイでも病んでもいません。ご心配なく。。。
目があってももしも挨拶をしなかったら、心ここにあらずなだけです。多分シミレーションの世界にいます。
ただ、発表会とこれからの教室のこととか考えていますよ。

さぁ、明日からまた何ができるでしょう!?

2015040300314729d.jpg

ソルフェージュで使いたくて探していた8号ゴムボール。4月の月初めの入荷でお店に入ったようで、4色大人買いです!!


この記事のURL | 練習方法/上達について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://emapianoschool.blog.fc2.com/tb.php/808-c03b9af9

| メイン |