2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
シギリヤロック
2016/07/19(Tue)
コロンボから車で5時間ほどの世界遺産のシギリヤロック。

王である父親を殺してしまった王子が、腹違いの兄弟王子の復讐を恐れてこんな断崖絶壁のてっぺんに建てたお城だそうです。

20160719194052cf1.jpg


201607191940524bd.jpg
地上には蓮の花の咲く池

20160719194052ade.jpg
この実を食べると死に至るとガイドに注意されました。本当かしら?

20160719194052ef8.jpg
木全体

20160719194052bf8.jpg
地形を活かした作りになっています。それが王子のポリシーだそうです。

20160719194052648.jpg
急な階段。
こんなのが永遠続きます。旅は若いうち、もしくは年齢を重ねても筋トレを続けないととても歩けません。



断崖絶壁の回りを急な階段で心臓が破裂するかと思いました。
若手二人がなんとか上にたどり着きました。(自分も若手に数えた。。。)


20160719232642578.jpg
途中からの眺め。


4000年の歴史の団体の方々がその日に大騒ぎをして、普段は静観しているハチが音に刺激をされて大暴れをしたそうです。
地上から岩に向かっていると、別の海外からの個人観光の帰り道の方が、我々がせっかく登っても徒労に終わらぬようにと、
「英語しゃべれる?この先真ん中でもう門が閉められて途中までしか登れないよ。上の壁画まではいけないからここで写真だけ撮るといいよ。」
と、アドバイスをしてくださいました。
岩の途中の門で閉鎖された中を、こっそりとコネクションで入れていただき、自衛隊と紹介されたアーミー姿の方に見守られながら、防護服を着ての観光となりました。 現地ガイドさんは自衛隊っておっしゃたけれどあの何十人も動員されていたあの方々は現地警備の方なのかは謎です。


20160719230200aa9.jpg
何かをいぶして、けむりを焚いてハチを巣に戻していました。ライオンの喉で待機。ある意味、忘れられない思い出になりました。

宿泊は近くのヘリタンス・カンダラマ。
ジェフリー・バワ建築の見事なホテルでした。が、シギリヤロックであまりに体力を使いすぎ疲労のため気が回らずに、ろくに写真もとらずに終わりました。

20160720004525244.jpg
お見送り生演奏


201607200044337a1.jpg
自然や地形をいかした作り

2016072000443322e.jpg

ビュッフェ
2016071919460014d.jpg

プール
この記事のURL | スリランカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://emapianoschool.blog.fc2.com/tb.php/973-929d65ab

| メイン |